2011年04月18日

全国純米酒の店 伏見小料理店(広島県伏見市)

広島県の竹原駅近くにある全国のうまい純米酒を扱っているというお店に連れて行って頂きました。
伏見伏見

このお店で出される純米酒は、なんとマスターが直接酒蔵に行って、蔵と味を確認してものばかり。
さらには、-4℃で熟成しているものもあるという気合いの入れようでしたので、まずいお酒があるわけはないと言った感じでした。

ビールなんて飲まずに、純米酒の味わいからスタート。
純米酒
左から、玉旭(富山県)、生長(奈良県)、玉櫻(島根県)、大倉(奈良県)。

純米酒
左から誉池月(島根県)、夢醸(石川県)、白菊・そのまんま(石川県)

亀泉十旭日
左から亀泉(高知県)、十旭日[じゅうじあさひ](島根県)。
十旭日は熟成したものとしていないもの。同じお酒でも比較して飲むと大違いです。

濁酒
大倉と同じ蔵元の金鼓濁酒(奈良県)。

ラベル無し(梅美人)
ラベルのないお酒、梅美人(愛媛県)はなんと9年もの。
また、このお店では直接オリジナルのお酒を取引しているため、ラベルなしの銘柄がほとんどらしいです。
本日飲んだお酒はここまででしたが、まだまだ種類は豊富にそろっています。
ランク表(H23.3月)現在の純米酒
左は壁に貼り出されているH23年3月の純米酒ランキング表、右は現在の旬舞酒一覧表です。

ラストはお茶漬けで締めましたが、締めの前菜に頂いたおかみさんのおにぎりがふっくらしててうまかったです。是非おすすめです。

ちなみに、私個人的な意見としては、若くて微炭酸っぽい大倉が好みで、白菊のそのまんま、十旭日の熟成もの、9年熟成の梅美人、と言った感じでした。
楽しい時間とおいしいお酒をいただき、ありがとうございました。

関連ランキング:日本酒 | 竹原駅

posted by 山政睦実 at 23:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 中国・山陰地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196891471

この記事へのトラックバック

伏見小料理店
Excerpt: 全国純米酒の店 伏見小料理店
Weblog: もぐらくん
Tracked: 2011-04-27 08:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。